アロマオイルについて

アロマセラピーとは

ハーブ医学のひとつで、薬用植物や果実から抽出した100%天然のオイル(エッセンシャルオイル)を用います。
アロマセラピーといっても人によって様々な施術方法がありますが、こちらでは主にオイルマッサージにおいて利用します。 オイルのマッサージは、人の肌と手のぬくもりが直接触れ合う、大変心に触れるトリートメントであり、お互いの信頼関係を深めるにはとても良い方法です。 また、精油のもつ心と体に働きかけると言われています。
精油の香りは脳に直接刺激を与え、 有効成分は肌からゆっくりと吸収されておだやかに働きかけるのです。 特に、匂いをかぐということ、それを好き・嫌いと感じること、体がどう反応するかを自分で感じることなど、 現代社会のストレスで鈍くなっている五感を活性するためにも、重要と考えています。
特に”精神的ストレス”による体調不良でお悩みの方にはお薦めです。 精油(せいゆ)とは植物が自らを癒す為に身に付けていると言われている物質ですが、 動物や人間など、その他の生物に対しての“癒し(いやし)”のエネルギーとしても注目されています。 なによりもとろけるような心地よさの中、何も考えず深いリラクゼーションを感じていただけることが一番です。 アロマセラピーとは、私たちになじみの深い漢方のように体をよい方向へと導きます。
「植物の不思議なパワー」や「好きな香りでリラックス」できる程度で思われがちですが、1つの植物から取れる精油には香り以外にも、心と体に様々な働きかけを促します。

では、どのようにして体内に取り入れられるのでしょうか?

アロマセラピーには症状によっていくつかの促し方があります。
まず、芳香浴することは香りのもとを全身で感じることができ、体をよい方向へと働きかけやすいと言われています。
また、マッサージでは芳香成分を皮膚に直接つけることで、体をほぐしながら芳香浴とは違った働きかけをします。

  • Play 出張エステの遊び方
  • Area 出張エステの遊び方
  • Aroma アロマオイルについて
  • Q&A 良く頂くご質問
  • Blog ブログ
  • Company 会社概要
  • Rules 利用規約・禁止事項
  • Mobile モバイルサイト
  • 無料メルマガ配信中 登録はこちらまで